|ピーターラビットの絵本 第7集(3冊セット)PR

クリックで拡大  ピーターラビットの絵本 第7集(3冊セット)PR グッズ
メーカー 福音館書店
型番 9784834044263
販売価格 2,100円(税込2,310円)

SOLD OUT

◆◆配送に関するご注意◆◆
商品名に【●/●以降の出荷】と表記のあるお品物を含むご注文は、表記の期日以降、まとめての配送となります。尚、別々のご配送をご希望の場合は別途ご注文をお願いいたします。


» 特定商取引法に基づく表記 (返品など)


この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける
レビューを見る(0件)
レビューを投稿(購入者のみ)
「パイがふたつあったおはなし」「ずるいねこのおはなし」
「こぶたのピグリン・ブランドのおはなし」の3冊がセットになった素敵な絵本集です。


1:パイがふたつあったおはなし(64ページ)
 ねこのリビーが犬のダッチェスをお茶会に招待しました。
 ねずみのパイを食べたくないダッチェスは、仔牛のパイとすり替えるため、
 リビーの家に忍び込みます。
 ねずみのパイが見当たらず、仕方なくオーブン上段に仔牛のパイを入れて戻ったダッチェスですが、
 実はねずみのパイはオーブン下段に入っていたのです…
 クスッと笑ってしまう物語の背景には、ソーリー村に実在する家々、庭、小道などがそっくりそのまま描かれています。

2:ずるいねこのおはなし(36ページ)
 ずるいとしよりねこがねずみをお茶によびました。
 でも、出されたものは、ねこの食べ残しばかり。
 ねずみは怒って、ミルクつぼに顔を突っ込んでいるねこの上に飛び乗ります。
 すると、つぼがきっちりねこの頭にはまって、取れなくなってしまいました…! 
 ポターの死後30年近く経ってから、遺されたスケッチを使い刊行された一冊です。

3:こぶたのピグリン・ブランドのおはなし(76ページ)
 市へ売りに出されることになったこぶたのピグリン・ブランドは、
 途中で道を間違えて、パイパーソンさんの農場に紛れ込みます。
 パイパーソンさんの家の納戸には鍵がかかっていて、中から時々、声が聞こえてきます。
 そこには、ピグウィグというこぶたの女の子が閉じ込められていたのでした。
 ある朝はやく、2ひきは農場を逃げ出します。
 橋をわたり、手と手をつないで、「おかのむこうの はるかなくに」をめざして…!

 ビアトリクス・ポター 作・絵 / いしい ももこ、まさき るりこ 訳

【対象年齢】
読んであげるなら…:5・6才から
自分で読むなら…小学低学年から

【サイズ】各15×11cm

※2019年11月に装丁がリニューアルされた新版です

おすすめ商品

Pick UP